蜂の子のサプリメントに含まれる栄養素

蜂の子は古くから栄養価がすぐれていることが知られており、現代では食用というより、健康食品として摂ることが増えています。
しかし蜂の子に含まれている成分については、知っているようで知らないことも多くあります。

そこで蜂の子に含まれている栄養素についてご紹介します。

蜂の子に含まれているアミノ酸

蜂の子といえば必須アミノ酸がバランス良く含まれていることで有名です。
必須アミノ酸以外にもうま味成分として知られる、グルタミン酸やアスパラギン酸が多く、食べておいしいこともよく知られています。

知られていない非必須アミノ酸の役割

蜂の子に多く含まれているグルタミン酸とアスパラギン酸は、小腸粘膜の消化吸収に必要なエネルギー源となるアミノ酸です。
グルタミン酸は体内で一定の濃度を保つ必要があるため、食事からとったグルタミン酸は消化吸収のエネルギー源として主に使用され、血中に入ることはほとんどありません。

腸管の消化吸収に必要なエネルギーの半分以上は、食事由来のグルタミン酸とアスパラギン酸で補われています。
またグルタミン酸やアスパラギン酸のようなうま味成分をとると唾液や胃液、膵液の分泌が促進されるため、タンパク質の消化吸収の準備を整える役割があると考えられています。

グリシン、ロイシン、プロリンについて

蜂の子に多く含まれているアミノ酸では、その他にグリシン、ロイシン、プロリンがあります。
グリシンは甘味のあるアミノ酸、ロイシンは苦味のあるアミノ酸です。

グリシンは睡眠を誘発する機能があると考えられています。
またロイシンは必須アミノ酸でもあり、ロイシン・バリン・イソロイシンの3つのアミノ酸はBCAAと呼ばれ、筋肉に必要なエネルギー源です。

プロリンはコラーゲンに多く含まれるアミノ酸で、プロリンを多く含むコラーゲンやゼラチンは美容を意識する女性たちの間で人気があり、意識的にとる人も多い成分です。

蜂の子はアミノ酸スコア100を示したとされる報告があります。
そのため蜂の子は動物性のタンパク質源と変わらない、良質なタンパク質源だと考えられています。

蜂の子とビタミン

蜂の子は成長するためにビタミンB群を必要とするため、ビタミンB群がバランス良く含まれています。
ビタミンB群の中で特に多いのがナイアシン、ビタミンB1、B2です。

体内でのビタミンB群の役割

ナイアシンやビタミンB2は糖質、脂質、タンパク質の代謝に必要不可欠なビタミンで、ビタミンB1は炭水化物からエネルギーを作りだすために使われます。

ビタミンB群は代謝ビタミンと呼ばれることがあるほど、栄養を代謝しエネルギーを作り出すのに重要な役割を担っています。

ビタミンB群は失われやすい

ビタミンB群は水溶性の性質があるため、尿から排泄されやすいビタミンです。
体内だけでなく食品中でも長期保存や加工によって失われてしまうため、加工食品をとりすぎていると不足し がちな栄養素です。

またビタミンB群はストレスの多い生活や不規則な生活、多飲多食などでも体内から失われてしまうため、率先して摂取したい栄養素です。

あまり知られていませんが、蜂の子には有用な栄養素が含まれています。
サプリメントとして加工されている蜂の子商品も、現在では多く流通しているため、ぜひ日々の栄養を補うために上手に活用してみてください。

参考URL
蜂の子で免疫力が高まるメカニズム
http://www.sobuensen.rash.jp/immunity.html
聞こえのトラブルに蜂の子サプリ
http://tirol.mints.ne.jp/2005natumaturi.html
蜂の子はストレスを和らげる効果がある!
https://www.10xshooters.com/calculators/Rifle_Recoil_Calculator.htm